美容整形の保険

プチ整形がにわかに流行り、一昔前に比べると美容整形のハードルが少しさがったかのようにも思われます。
二重の施術、しわの除去、コラーゲン注入などプチ整形で済むものであれば莫大なコストもかからず数万円でできるますが、しかし本格的な美容整形をすると数十万~数百万単位で費用がかかります。
そこで気になるのが保険。
美容整形は形成外科や整形外科の医療機関で行うので、もしかしたら保険が適用されて少しでも負担を少なくして美容石英できないものかしら、と思っている方もいるでしょう。
当然ですがすべての美容整形に保険が適用されることはありません。
保険の適用範囲であるということは、すなわち、病気に対する治療に対して保険が適用されるのであって、美容整形は病気ではないので保険が適用されないのが基本の考えなのです。

しかし、中には病気の範疇とみなされ、治療の一環として保険が適用されるものがあります。
それは、先天性の母斑や腋臭症です。
これらは少し考えてみると納得できますね。
治療とみなし保険が適用されます。
そして中には、目の整形で保険が適用される場合があります。
二重の手術に眼瞼下垂手術という方法があるのですが、この手術は保険適用とみなされるケースがあります。
保険が適用される機関としては、形成外科もしくは美容外科などで扱っています。
特に美容外科に関しては必ずしも全ての機関で取り扱っているわけではないので、必ず確認してからカウンセリングや診断を受けてください。



≪外部リンク≫
二重の施術、しわの除去などプチ整形をするなら医療事故0の美容整形クリニックはいかがでしょう > 美容整形